FXで儲かったら納税しましょう!どんな税金がかかるのでしょうか

殆どの会社員は年末調整だけで済ませられるため、確定申告は必要ありませんが、FXで利益を上げたらその分の所得を申告する必要が有ります。面倒臭がって申告しないでいると、取引会社のほうから所得があることが分かってしまい、税務署に呼ばれてしまうようなことになりかねません。税金の使われ方を考えれば腹の立つことも有りますが、とにかく所得は所得ですから正直に申告して納めるものは納めるようにしておいたほうが無難です。

申告分離課税

FXの利益は2012年からはすべて申告分離課税になりました。分離課税というのは他の所得とは別に計算するものを言い、申告分離課税というのは所得が発生しても源泉徴収されず申告が必要な分離課税のことを言います。ちなみに源泉徴収され申告が必要ないものは源泉分離課税と言います。したがって1年間の利益と損失を計算して差し引きいくらの利益になったのかを知っておく必要が有ります。FXでは業者のホームページから明細がダウンロードできるのが普通です。

税率

申告分離課税の税率は一律で2012年12月31日までは20%となっています。ただし2013年1月1日から2037年12月31日までは東日本大震災の影響で復興特別所得税が加算されますので20.315%になります。復興のための増税は進んで協力したいですけど、微々たる所得にそもそも20%も税金がかかるのは納得できない人も多いでしょう。一律というのは所得税としてはちょっとおかしな税金の掛け方ですよね。

損益通算

対象となる所得区分に複数の所得例えばFXのほかに先物取引で利益が上がったときには、これらを合算して申告します。この場合損失が生じても合算できますので、FXで利益を出し、先物取引で損失が出たとしたら損失分は利益から差し引くことができます。これによって所得税は軽減されることになります。このように損益を合算することを損益通算と言います。どれを合算してよいのか分からない場合には税務署に行って聞いてみてください。
(⇒FXの確定申告における損益通算

損失の繰越

今年は損失が大きいのに、1年分できられてしまっては来年利益が上がっても、税金は少なくならないと言って悲しんでいる人もいるかもしれませんが、損失が大きく1年では損益通算しきれないと言う場合、翌年から3年間は繰越することができます。このため損失が大きく所得は0になったとしても確定申告はしておかなければなりません。税金を納めるのはしかたのないことですが、余分に納める必要はありませんので制度を有効に利用してください。
(⇒FXでの損失は繰越控除の対象

申告書を作成しよう

申告する所得は1年間に得た利益から売買手数料などの必要経費を差し引いたものになります。利益も手数料などの合計も、FX業者のホームページから確認できるようになっているはずですのでギリギリになって調べるのではなく、余裕を持って確認しておきましょう。申告書は国税庁のホームページで作成することができますし、税務署で貰ってきて手書きでも構いません。電子的に申告することもできます。どうしても面倒な人は税理士に依頼することもできます。
(⇒FXでの確定申告

このページの先頭へ