忙しくて申告なんてしていられない!そういう場合は税理士に頼もう

大変忙しく確定申告でいろいろ考えている時間は無いとか、自分でやりたいが良く分からなくて面倒だというような人の場合も確定申告はしなければなりません。特にFXで大きな利益を出している場合は、確定申告しなければ税務署に睨まれる事になりかねません。そこでこういう人には税理士の利用をお勧めします。税理士は言わば税金のプロで様々な事例にも精通していますから、いろいろな投資を行っている場合でも完璧に対応してもらえます。

税理士の利点

税理士とお付き合いを持てば、税金について様々な場面で教えてもらうことができますし、相続などが発生した場合でも、いろいろと相談することができますので、単に確定申告をお願いするというよりも、関係を作っておくことでいろいろな恩恵を得る事が非常に大きな利点になります。したがってもし自分で確定申告を行おうと考えている人でも、税金問題でいろいろと悩みを持っている人は、申告をお願いして、税理士と関係を作っておいても損にはなりません。

税理士を探す

税理士に頼むといっても、いままで付き合いがあるわけではない人は戸惑ってしまいます。知人に税理士がいれば良いですがそんなに都合よくはいきません。知人に税理士を知っている人がいればその人を紹介してもらうというのも一つの方法です。都市部であれば近くに税理士事務所があるかもしれませんので近所で評判を聞いてみてはどうでしょう。また最近では日本税理士連合会など様々なところでインターネットから条件に合う税理士を検索できるようになっています。

利用する気があれば早めに接触を

確定申告の時期は税理士も大変忙しく、ゆっくり話を聞いてもらうのも気が引けてしまいますから、できれば確定申告の時期になる前にアポを取っていちど話を聞いてもらうようにしましょう。場所は自宅に来てもらっても、先方の事務所でも、外でも構いませんがじっくり話せるところが良いでしょう。そのときの印象は大切です。税理士は非常に長くお付き合いをすることになりますから、自分と相性が悪いと判断したら、お断りしましょう。

確定申告を依頼する

相性にも問題が無いと判断したら、確定申告を依頼します。特にFXの利益が有るということをしっかり説明しておきましょう。このときに必要な書類を聞いておくようにします。取引の明細や必要経費にかかわる例えば通信費の明細、各種領収書などを揃えてくださいと言われる筈です。取引明細や通信費の明細は有るかもしてませんが領収書は無いかもしれませんから翌年からは注意するようにしましょう。そのほか税理士に日頃注意しておくことも聞いておくと良いですね。

損失が出ている場合も相談を

FXではみんなが利益が出ているわけではありませんから、損失が出てしまう年もあります。そのときは損失を3年間繰り越すことができますが、確定申告ではそのための書類を作成することが必要で、自分ではなかなか作らない人がいますが、これも税理士に頼めば作成して申告してくれます。損失を繰り越しておけば翌年の利益から控除できますので節税に繋がります。税金はしっかり納める必要が有りますが、節税は悪いことではありません。
(⇒FXでの損失は繰越控除の対象

このページの先頭へ