FXは大きな収益になるというのは本当?なぜ大きな収益になるの

FXは日本語で言うところの外国為替証拠金取引のことです。要するに外国為替の為替レート変動で儲けようと言うことになります。しかし外国為替の変動を利用して利ざやを稼ぐというなら従来から行われている事なのに、FXがことさら大きな利益になるとして注目されているのはなぜなのでしょうか。ここでは外国為替についておよび単なる外国為替取引と外国為替証拠金取引の違いについては既知として話を進めることにします。

FX取引

FX取引は実際に通貨を自分で売買するわけではなく、為替レートの変動に伴う差分を取引するということになります。差分ということですから例えば1ドル=100円だったものが1ドル=90円に急騰したとしても差分としては10円ですから1万ドルを売買したとしても10万円の変動に過ぎません。本来であれば1万ドルの取引ですから100万円が必要だったわけですが、差分の取引だけを考えると10万円あれば足りるわけです。実際にはこんな大きな変動はそうありませんが。

少ない投資で大きな利益

前記の例を考えれば100万円の資金が必要な取引が10万円でできるわけですから、手持ちの資金が少なくても始められますし、大きな資金を持っていればさらに大きな取引を行えることになります。つまり小さな資金で大きな資金と同じような利益が手に入る可能性があるわけです。FXの大きな利益というのはこういうことです。ただし実際にはFX業者が投資家に代わって大きなお金を動かして通貨を買ったり売ったりして、差分だけを投資家とやり取りするわけです。

損失も半端ではない

少ない金額で始められて収益も大きいとは良いことばかりではないかと考えている人もいますが、投資ですから逆の場合もあることを忘れてはいけません。為替相場が予想の通りに動けば前記のように非常に投資効率もよく利益を上げることができますが、逆に動いた場合には損失も効率よくと言っては変ですが増えていくことになります。証拠金などすぐに無くなり、新たな証拠金を用意しなければならなくなります。ここにFX取引の怖さが有ります。
(⇒FXのリスク

損失分のお金を用意できないときは

場合によっては損失が証拠金では足りなくなってしまう事があり、その分のお金を入金して損失を穴埋めしなければなりません。少ない投資で始められるからと思って始めたような人はそれほど資金の余裕があるとも思えませんから、資産を売却するなりしてでも用意しなければなりません。ちょっと待ってくれというようなものではないのです。誰かが利益を上げるということはその分を誰かが払っているということです。自分が利益を上げて利益分がなかなか入ってこなければ怒るでしょう。

FXを始める場合はある程度の資金を手元に残しておこう

前記のように、利益どころか損失も大きくなるFXですから小額の投資は良しとしても、損失を考慮して一定額以上の資金は手元に残して置いてください。慣れた人なら当然のことですが、初めて行うような場合にはそういうこともしない場合が見られます。そして大きな損失が出てしまって資金も失ったら、取り戻すことを考えるのではなく、撤退することも考慮したほうが良い場合も有ることを忘れないようにしてください。

このページの先頭へ