FXでの損失は大きくても証拠金まで!実はそうでもないのです

FXは小額の投資から始められるため、大変人気の高い投資方法になりつつあります。しかし投資ですから、儲かるときもあれば損をするときも有ります。他の投資例えば先物取引のように損失次第では場合によっては資産を売らなければならないようなものも有りますが、FXの場合そういうことも考慮して、証拠金の何割かを損失で失うと証拠金がなくなる前に強制的に取引を終了してしまいますから、仕掛けとしては損失を証拠金の範囲内で納めるべく作られています。

FX取引の仕掛け

FX取引は利用者から見ると外国為替相場の差分だけの取引に見えますが、取り扱い業者はその裏で実際に通貨を売買しているわけです。したがって利用者が1ドル=100円の場合に1万ドルを買ったとすると利用者はお金を動かすわけではありませんからあくまで
買ったつもりのように見えますが、実態としては百万円業者から借りて1万ドルを買ったのと同じことです。そして1ドル=105円で売ったとすると105万円になりますから100万円を返して5万円を手にするわけです。
(⇒FXの収益はどのように生まれるか

強制ロスカット

例のように利益が出る場合は良いのですが、為替相場次第では当然損失が出ることも有ります。上の例では1ドル=95円になれば5万円の損失です。この場合業者に預けている証拠金が10万円だとすると差し引き証拠金は5万円になります。さらに大きく動き1ドル=90円まで急騰すると10万円の損失になり証拠金はなくなってしまいます。業者は証拠金がなくなってしまう前に、証拠金の何割か損失が出たところで強制的に取引を終わらせることになります。これが強制ロスカットです。

損失は証拠金だけなのか

こう見てくると損失はどんなに大きく見ても証拠金の範囲に収まっており、例えば10万円の証拠金の場合はどんなに大きな取引をしていたとしても損失は10万円までというように見えます。しかし実際にはFXで大損したという話を聞くことが有ります。証拠金を沢山積んでいた場合には、損失は大きくなりますから大損と言えるでしょう。しかし大損というのはこういうものだけではなく実際のFXでは証拠金の範囲を超えて大きな損失が出ることもあるのです。

取引が成立するとは限らない

損失が膨らんで強制ロスカットが行われるとしましょう。そうすると業者はその時点の為替相場で売るか買うかすることになります。そこですぐに取引が成立すれば良いのですが、取引が成立しなかったらどうなるでしょう。特にこういう場合みんながいっせいに売るあるいは買う注文が出ている場合が多く、為替相場がどんどん動いてしまうことになりかねません。そして注文が成立した時点では証拠金の範囲を大きく超えてしまっていたということがあるのです。

損失は払わなければならない

こうなってしまうと損失分は速やかに入金しなければならなくなるわけです。ですから場合によってはFXであっても資産を売却しなければならなくなる場合も有るのです。ただしこんなに大きく相場が動くことは、たとえば米ドルと日本円などでは絶対とは言いませんがまず無いことです。したがって、FXを行うとき大きな利益は望めませんがリスクを犯したくなければ、比較的相場の安定している通貨で取引するようにしましょう。

このページの先頭へ