FXは外国為替取引と違うの?少ない投資で同じ利益が出せます

FXはForeign Exchangeを略したものでそのまま訳すと外国為替取引となりますが、最近はやりのFXは外国為替証拠金取引のことを言います。FXという名称だけは良く耳にしていると思いますが、FXと聞いたからといって取引だということを思い浮かべるような人は実際にどの程度いるのか疑問です。もう少し分かりやすい日本語表現をして欲しいものです。では最近流行のFXと外国為替取引の違いはどのようなものなのか調べていきましょう。

外国為替取引

本来外国為替取引というのは通貨を買ったり売ったりすることです。通貨を買うというのは例えば簡単のために1ドル=100円と言うことにしましょう。そこで1万ドルを買うためには100万円が必要です。通常の外国為替取引では実際に100万円出して1万ドルを買うわけです。そのあと為替相場が1ドル=105円まで円が値下がりすれば1万ドル持っていた場合これを円と交換することにより105万円になります。つまり5万円の利益ということです。

外国為替証拠金取引

これに対して外国為替証拠金取引の場合には実際に1万ドルは自分では買いません。その代わり証拠金として何%かのお金をFX業者に渡しておきます。いま10万円渡しておくことにしましょう。さて為替相場が1ドル=105円に動いた時点で売れば実際に買ったときに5万円の利益が出ましたので証拠金にFX業者から5万円が追加され15万円になります。利益としては同じものが得られるわけですが、必要となる金額は実物を買うための100万円ではなく証拠金の10万円だけです。

大きな損になる場合もある

これがFXの基本的な取引というわけです。要するに外国為替取引における差額の部分だけを抜き出して、小額の投資で大きな利益が得られるというわけです。しかし上の例で1ドルが95円に円高に振れたとしましょう。そうすると5万円の損失が出てしまいます。100万円に対して5万円ならばそれほど大きな損失とは言えませんが10万円に対して5万円となると投資額の半分を失ったということになります。利益も大きければ損失も大きいわけです。

FXは取引中に決済されることがある

為替相場は時々刻々動いて今円が下がったとしても、また上昇する場面も有りますし、その逆も有ります。このため実際に買って取引していればたとえ損になっても、年単位の時間が掛かる可能性も有りますが、元に戻って更に逆に振れるまで待てば利益が出る可能性も残しています。しかしFXの場合には証拠金に対して損失が大きくなると証拠金がなくなる前に決済されてしまうことが有ります。これは損失を最小限にするためですが、損失を蒙るリスクがある取引と言ってよいでしょう。

安易に始めてはいけない

外国為替取引もFXもどちらも通貨の為替相場によって利益を狙うわけですから、外国為替についての知識が必要です。それも今後の世界情勢を見極めて、どのような政策が実行され、例えば円高になるのか、ドル高になるのか、それともユーロはどうかなどを予想することが重要です。少なくとも今この話についてこれていない場合には、FXに手を出すのは無謀と言って良いでしょう。まずは外国為替取引や世界情勢などの話が分かるようになることからはじめましょう。

このページの先頭へ